秋のきのこのたきこみごはん|花の将のだしを活かしたレシピ


秋のきのこのたきこみごはん

鶏の旨味といりこだしの旨味が重なった失敗知らずの炊き込みご飯です。
具材の量と切り方で味が変わるのでひとつひとつの工程を丁寧に行うことでより一層美味しくなります。

【材料】
  米            2合
  鶏肉           100g
  えのき          1/2パック
  舞茸           1/4パック
  ごぼう          30g
  にんじん         30g
  油揚げ          1/2枚
  花の将伊吹いりこだし   300ml
  しょうゆ         大さじ1
  みりん          大さじ1
  酒            大さじ1

1.米は研いで浸水を30分させます。

2.ごぼうは十字に切り込みを入れてささがきにします。変色しやすいので水につけてください。

3.えのきは半分に切り、舞茸は手でほぐしていきます。

4.にんじんは厚さ5mm程の厚切りにします。

5.油揚げは熱湯で軽く流してから、5mmほどの千切りにします。

6.鶏肉は、やや小さめの一口サイズに切ります。

7.だしは粗熱を冷ました状態が理想的です。

8.だしとしょうゆ、みりんを合わせます。

9.炊飯器に米と8を入れます。

10.具材を全て入れます。

11.鶏肉を入れます。炊飯器の目盛りがここで2になるようにします。

12.浸水はすでにしているので、炊飯器の早炊きコースで炊きます。
(浸水なしで通常コースでもできますが、浸水した水を捨ててからだしで炊いた方がおいしいくできあがります)