ナスと干し海老の煮浸し ひき肉の味噌ソース|花の将のだしを活かしたレシピ


ナスと干し海老の煮浸し ひき肉の味噌ソース

ナスにエビや魚介のだしの旨味が合わさり、シンプルなナスのとろとろの食感と相性が良いです。

ひき肉に味噌をいれることでそれだけでおいしい、しっかりとした味付けになります。あんかけにもだしを使うことで、味だけでなく風味も楽しめる1品です。

【材料】  2人分
  ナス    1本
  菜種油   大さじ2(ナス用)
  お好みの花の将だしパックで作った煮物だし 100ml
  干しエビ  3~4尾(なければ桜エビを10g)
  白ネギ   10g

 【あんかけ】
  ひき肉   150g
  菜種油   大さじ1(ひき肉用)
  みそ    大さじ1
  片栗粉   小さじ1(同量の水で溶く)
  お好みの花の将だしパックで作ったあんかけだし 100ml

1.ナスは大きさが均一になるように縦に切ります。

2.あくを取るため5分ほど水にさらします。

3.ナスの水気をよく切ったら、フライパンでナスを焼きます。

4.油が全体に回ったら、煮物だしと干しエビを入れて煮つめます。

5.なすを取り出し、油を引いて軽く塩をふったひき肉を焼きます。

6.みそとあんかけだしを混ぜてから加えて混ざったら水溶き片栗粉を加えます。

7.6をナスにかけて盛り付けます。

ポイント.ナスは水気をしっかり拭くことがポイントです。強火で炒めすぎるとナスに火が通る前に焦げてしまうので中火で油が回ったら煮物だしを加えてください。ひき肉のあんは余ったら冷蔵庫で2〜3日保存ができます。