おくらとミョウガのピリ辛和え|花の将のだしを活かしたレシピ


おくらとミョウガのピリ辛和え

作り置きにおすすめの1品。夏野菜のねばねばを一緒に味わえます。長芋は胃腸の保護や消化を助ける働きもあるので冷たいものを食べ過ぎてしまいがちな夏にはたべたい食材です。

【材料】       2人分
  長芋          150g
  オクラ         3本
  ミョウガ        1本
  めかぶ         1パック
  なめこ         50g
 【A】自家製だしラー油  大さじ1
 【A】酢         小さじ1
 【A】みりん       大さじ1
 【A】しょうゆ      適量

1.長芋はサイコロ状に切ります。

2.オクラは茹でて、薄切りにします。

3.みょうがはみじん切りにします。

4.なめこはさっと湯通しします。

5.【A】を混ぜたら、具材を全てボウルに入れてよく混ぜ合わせます。

6.冷蔵庫で2~3時間味をなじませます。

ポイント.具材をまぜてそのままでもお召し上がりいただけますが、2~3時間冷蔵庫で冷やした方が味がなじんで美味しくなります。おつまみとしてはもちろん、ご飯にかけてもおいしいおかずです。